【コスパ最高!】CHUWI(ツーウェイ)のGemiBookを買った話!【ノートPC】

先日AliExpressの記事でちょろっと触れましたが、CHUWI(ツーウェイ)社のGemiBookというノートPCを購入したのでその話です。

1.ノートPCが欲しい。

最近は大概のことはスマホでできるので、帰省や出先でブログを更新するときなんかも、Bluetoothキーボードを使ってスマホでカタカタやっているんですよ。

↓こういうやつね。

これはこれで場所取らなくていいんですが、ちょっと表計算ソフトで計算させたり、スクリーンショットとか取りながら作業していると「やっぱり持ち運びできるサイズのノートPC欲しいな」なんて思うわけです。

とはいえ、それなりのノートPCは軒並み5万円以上。

貧乏なワシとしてはなかなか手が出ない価格帯。

なんて思っていたところ、CHUWI(ツーウェイ)という会社のGemiBookというノートPCが発売されるのを知りました。

CPUこそCeleron J4115と若干非力なものの、13インチ2Kモニタ、12GBメモリ、256GBSSD搭載でお値段がなんと先行発売セール価格で299ドル!!

いくらセール価格とはいえこれは正直言って目を疑う安さ。

これはもう買うっきゃないでしょ!!

ちなみにGemiBookのGemiは、CPUがGeminiLakeだからだと勝手に思っています。。。

2.AliExpressで購入!開封!!

というわけで、早速AliExpressで注文して、月末に届きました

結構頑丈なエアバッグに包まれて到着。

さらに、箱の中も分厚いウレタンスポンジに守られていました。

スポンジの上に埋まっている白いのは説明書が入ったケースですね。

外観は至ってシンプル。

ポートもUSB-CとUSB3.0、あとはSDカードスロットとイヤホンジャックくらいしか付いていません。

最近はUSBで何でもできるので、昔みたいにゴチャゴチャしなくて最高ですね。

本体もメタル製で高級感があります。

他の付属品は電源ケーブルくらいでした。

でもUSBでも充電できるからあんまり電源ケーブルも使わないかな??

3.CHUWI GemiBookに技適はついているのか!?

購入するにあたって気になっていたのが「技適」。

日本国内で使用する無線機器は、法律で定めている基準に適合していることを現すマークが付いてないと使っちゃいけないって奴ですね。

↓コレね

一応電波も限りある資源なので、皆が適当に電波飛ばしまくると混乱の基になるから規制するって話らしいんですが、技適が付いていない機器を使うと一年以下の懲役または100万円以下の罰金らしいんですよ。

まぁ、トラックの違法無線とか、違法基地局とかそういうのを主眼にしていて、まだ海外製のスマホとかノートPCでの摘発事例はないみたいだけども、どうせなら気持ちよく使いたいもの。

というわけで買う前にすごく気にしてはいたんですが、このCHUWIのGemiBook、如何せん発売前の情報が非常に少ない!!

こんなの出るよ~って、紹介しているメディアはチラホラあるんですが、技適の有無まで書いてくれているサイトは(当時は)ありませんでした。

結局、公式ツイッターが日本語で紹介していることと、CHUWI製品は技適を取っていて日本でも安心と書いているページがあったのでそれを信じてポチることにしました。

結果。。。

ちゃんと技適が付いてました!!

というか、これだけ国際的な規格になったWIFIやらBluetoothやらで、違法な電波帯域にはならんだろ。。。とも思うんですが、これで安心して使えますね。

4.CHUWI GemiBookのキーボードはちょっと特殊

続いて中を見ていきましょう。

キーボードは英語(US)配列です。

まぁ使っていてそんなに困ることもないんですが、バックスペースの上に電源があるのはちょっとイケてないですね。

押してしまっても昔のPCみたいにシャットダウンしたりしないで、スリープになるだけなので別にデータが飛ぶことはないんですが、たま~に押し間違えます。

バックライトはついていないって書いているサイトがありましたが、ちゃんとバックライトもついていました。

あと、日本語配列キーボードを出す計画もあるって書いてあるサイトもあったので、日本語配列じゃないと嫌だって人は待ってみるのもいいかもしれません。

5.CHUWI GemiBook搭載SSDの謎!!

サイトに情報が無いって話で一番混乱させられたのがSSD。

色んなサイトでこれだけ記述のブレがありました。

サイトA標準で256GBのSSDを内蔵~NVMeSSDも増設可能
サイトBSATA接続に制限されるものの、M.2 2280 SSDを増設することもできる
サイトC256GB NVMeSSD搭載で、価格は299ドル
サイトDストレージもNVMe 256GB SSDを積んでいます
サイトEM.2 SSDスロットを2つ装備し、PCIe SSDを増設可能
サイトF256GB SSD(SATA) ストレージ2基搭載可(NVME)
サイトG256GB SATA SSDが搭載~NVVMe接続に対応するM.2スロットも用意

一体どれが正しいんじゃい!!

って感じですが、実際はサイトAとサイトG(微妙にサイトEも)が正解で、SATA SSDの256GBを搭載していて、M.2 2280 NVMe SSDが増設可能っぽいです。(実際まだ増設してみてないからこの記事も嘘になるかもしれんけど。。。)

追記:増設してみたら、まさかのNVMe SSDが認識しませんでした!!
CHUWIのフォーラムでも揉めているようですね。。。以下関連記事もどうぞ。

【まじかよ】CHUWI(ツーウェイ)のGemiBookにNVMeSSDが増設できなかった話【衝撃】

↓どうもSSDはKINGSTON製っぽいですね。

そういえば、なんかCHUWIから各メディアに提供された試供品には、裏面のSSDスロットの蓋の下に「M.2 SATA」という表記があるにも関わらず、実際の規格はNVMeだったという記事を上げているサイトもあったので、そういうところも混乱に拍車をかけたのかもしれませんね。

ちなみに実売品ではその記載は消されていました。

そのうち自分でもNVMe SSDを増設して、このブログの記事が正しいのか検証しようと思います。
→ごめんなさい。間違ってました。

まぁその頃にはほかのサイトの表記も直されてるかもしれませんけど。

6.CHUWI GemiBookについてのその他事項

あとは細々したことを書いておこうと思います。

①初期の音量がデカい

セットアップを始めるとコルタナがすげえでかい声で話始めてビックリしました。

音量を急いで下げておくか、心の準備をしておいた方が良いかもしれません。

②CELERONのシールが微妙に曲がっていた

すげえどうでもいい話ですが、CELERONのシールが微妙に曲がっていました。

あんま神経質な方でもないんですが、一度気になると微妙に気になってしまいますね。。。

③PCの時間がズレている

ズレているというか、最初は日本のタイムゾーンにあっていないようです。

CHUWI製品は他の製品でも最初は米国に合っているって書いているサイトがあったので、皆そうなのかもしれません。

7.おわりに

というわけで、CHUWI社のGemiBookを買ってみた話でした。

最近はスマホで十分なことも多いですが、やっぱり作業するならキーボードと大画面を備えたノートPCが便利です。

こういうシンプルで安い製品がもっと出てくれると嬉しいですね!!

皆さんも興味を持たれたら是非買ってみてくださいね!!

タイトルとURLをコピーしました